ホーム i-フィルター for プロバイダー | 製品詳細
サービス概要 製品詳細 お申し込み
ダウンロード サポート ご解約

i-フィルター for プロバイダーの製品詳細

 i-フィルターの利用例
インターネットを通じて得られる情報は、万人にとって有益な情報ばかりとは限りません。 悪意を持つもの、子どもたちにとって好ましくないものなど、受け手によっては有害な情報となり得るものも数多く含まれる場合があります。 利用する側の判断によって、閲覧するページの取捨選択をするのが、フィルタリングソフトの役目です。 「i-フィルター」は、「こんなジャンルのサイトは見せたくない」というインターネット上のページを閲覧できないように設定することによって、ご家庭のポリシーにあったインターネット利用の実現をお手伝いいたします。 「i-フィルター」では、ユーザーを限定して、下記のようなことをユーザーごとに実施できます。

(例)
[ 見たくない種類のページだけを、見られないようにする ]
アダルト情報、カルト、暴力、ショッピングなど、32のカテゴリを用意しています。その中でも、含まれる内容の幅が広い6つのカテゴリは5段階でレベルの調節ができます。 「小学生向け」など、お子様の年齢にあわせた簡易設定機能も備わっています。

[ これは見てもいいというページを、常に見られるようにする ]
このカテゴリは見せたくないけど、このページだけは特別・・・という場合にご活用ください。 指定したページがブラックリスト(「i-フィルター」が用意している、閲覧を禁止するページのリスト)に入っていても閲覧を許可することができます。

[ このページだけ見せたい、というページを限定指定する ]
自由にネットサーフィンさせるのはまだ早いという場合や、決められたページだけを見せたい場合に、個別に「限定で見られるページ」のリストが作れます。

[ インターネットを使える時間を制限する ]
時間割設定で、夜10時以降はインターネット禁止、などの設定ができます。

[ どんなカテゴリのサイトを見ていたか確認する ]
インターネットを自由に使っている間、お子様がどんなカテゴリのサイトを見ていたのか知りたい場合、最近の閲覧履歴と閲覧状況を確認することができます。

> フィルタリングカテゴリ一覧はこちら

これらの設定はすべてパスワードで保護されますので、管理者以外の人物に設定の変更や解除をされることはありません。


i-フィルター for プロバイダーの製品詳細

 動作環境
Windows OS
(各日本語版)
7/Vista その他のWindows
コンピュータ本体 Windows 7 Ultimate
Windows 7 Professional
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Starter
Windows Vista Ultimate
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Business
※全て
Service Pack 1以上
Windows XP Home Edition(Service Pack 3以上)
Windows XP Professional(Service Pack 3以上)
Windows XP Media Center Edition 2005
CPU 1GHz以上のプロセッサ Celeron533MHz以上
メモリ 1GB以上 256MB以上
ハードディスク/SSD 120MB以上の空き容量
ディスプレイ解像度 800 x 600以上
ブラウザ 制限なし。(Internet Explorer推奨) ※Safari5.1は除く
ブラウザは最新のバージョンを使用してください。
その他 インターネットに接続できる環境

・ インターネットの設定でプロキシサーバーを設定しているときは、 「i-フィルター」でもプロキシサーバーの設定を行って ください。詳しくは、「i-フィルター 5.0 」操作マニュアルの「プロキシサーバーの設定をする」をご覧ください。
・ Windows Vista Ultimate / Home Premium / Home Basic / BusinessについてはService Packを適用している場合に限ります。
・ Windows 7、Windows Vistaは、32bit版と64bit版に対応しています。
・ IPv6 環境での運用は、サポートしていません。
・ ページスキャンフィルター、単語フィルター、個人情報保護機能はInternet ExplorerのみHTTPS(SSLの暗号化通信を HTTPに実装したプロトコル)に対応しております。
・ Windows Vista環境で「FileMaker Pro 9 」とご併用いただく場合には、Windows Vista SP1 を適用していただく必要がございます。

> 他社セキュリティソフトとの動作確認 につきましてこちらをご覧ください。


自動更新・バージョンアップについて

アクセスを制限する際のフィルターデータやプログラムは随時更新されています。インターネット経由で常に最新のフィルターデータやプログラムファイルを更新して、フィルターの精度を高めることをお勧めします。 下記の注意事項をご確認下さい。

・ 一部の通信ソフトやフィルタリングソフトを併用して使用できない場合があります。
・ アップデートはインターネットに接続して行ないます。あらかじめインターネットに接続する設定を行なってから操作を始めてください。
・ 自動更新機能を無効にしていた場合など、長時間データ更新を行なわなかったときは、データ更新に時間がかかることがあります。

> バージョンアップなどの情報につきましてこちらをご覧ください。